Trans Northern Alps Day 4 終らざる夏の風に

早月尾根2200mの下りを飛ぶように下り、降り立った馬場島は、稜線のそれとは違う湿度を伴なう真夏の、むせ返る様な風がふいていた。

車道を少し歩き、キャンプ場の水場で汗を洗い流しながら体を冷やした。

濡れた体を乾かしながら、見上げると剱の峰に雲が踊る。

熱い夏の風が、いつまでも馬場島の白樺の木々を揺らしていた。


b0321833_13562229.jpg

追伸、馬場島から富山電鉄上市駅まで送ってくれた、アワムラ君、ありがとうございました。
君は、このブログは見ることはないだろうが、この場でもう一度お礼を言っておきたいと思う。
あの後、無事、青森の三沢まで14時間の道のりを走破できたのだろうか。

思えば、人との出会いの山旅でもあった。













  










More

by hoshigarasu7 | 2013-08-24 13:51 | trans mt. running | Comments(0)

Trans Northern Alps Day 3 ①静かなる逍遥

三日目朝、ここまでの疲れは感じない。
サポートタイツが少し鬱陶しくなってきたので、着用しない事にした。
あまりにも長時間使うと、返って血流が悪くなると聞いたことが有る。

今日は室堂まで一日かけてゆっくり行くと言う高橋君に見送られて、5:22に出発をした。
またいつか、どこかの山での再会を約束して。

スゴ乗越から、スゴの頭、越中沢岳と人影疎らなピークを快調に越えて、静かな朝の山を楽しんだ。
五色ヶ原まで、追い越した人2名。すれ違う人大学ワンゲル部と、その他数名。
南アルプス南部の何処かみたいだ。


b0321833_12310343.jpg

そしていよいよ、何年も憧れた五色ヶ原への登りへ...

















More

by hoshigarasu7 | 2013-08-22 17:44 | trans mt. running | Comments(0)

Trans Northern Alps Day 2 ③灼光の刻

太郎平小屋を出発して、テン場を過ぎるといよいよ薬師岳への登りが始まる。
ここの登りも風が無くかなりの暑さであったが、高橋君とパックで快調に登り、頂上まではコースタイムの約半分でこなせた。
薬師岳頂上はこの時間ともなると、ほとんどが薬師岳山荘か太郎平からのピストンの人で、スゴ乗越への縦走者はいないようだ。
が、行く先の遥か北薬師岳の直下、ガスの切れ間に人影を見たような気がした。
しかし、北薬師岳まで来ると誰もいなかった。
b0321833_12255035.jpg
北薬師から、スゴ乗越小屋までの長い下りが始まる。
夕刻の斜光と千切れ飛ぶガスの演出で、まるで地の底にまで下って行くような錯覚にとらわれ、延々と終わりの無い下りに思える。
高橋君は下りが苦手らしく、この風景に少し気が滅入ってるようだ。
途中、2832mピークを少し登り返したところで、初老の登山者をパス。
やはり、先行者が居たのだ。
小屋泊で夕食の希望であることを、先着したら伝えておいて欲しいと頼まれた。
しばらく、高橋君も遅れ気味になり始め、彼にも同じことを頼まれた。
相変わらず夕陽と千切れ飛ぶガスの不思議な下りの風景に、異様にテンションが上がり、一人飛ぶように駆け降りた
やがて、傾斜が無くなり、ガスの中に入ってしまった事により、縦走路の鞍部に達した事が分かった。
スゴ乗越小屋も近い。











More

by hoshigarasu7 | 2013-08-21 16:57 | trans mt. running | Comments(0)

Trans Northern Alps Day 2 ②快足の稜線

黒部五郎岳を越えると、山容は更にのびやかになり、北アルプスらしからぬ、草原状の稜線が果てしなく続くように思われる。
東北の山々を思わせるそれは、まるでトレイルランナーの為のセクションの様だ。
b0321833_08293332.jpg
黒部五郎岳山頂直下の稜線に飛び出した。
どこまでも続いていて欲しい、どこまでも走って行きたい、夏の光溢れるトレイル。
















More

by hoshigarasu7 | 2013-08-20 21:40 | trans mt. running | Comments(0)

Trans Northern Alps Day 2 ①桃源郷の圏谷へ

この日は双六からスタートし三俣蓮華岳からは未踏のルート、黒部五郎岳方面へと入っていく。
今日も1日好天が期待できるので、黒部五郎のカールは楽しみだ。
どのような山の表情が見られるのだろうか。
b0321833_13134246.jpg
美しい黒部五郎カールはShangri-La





















More

by hoshigarasu7 | 2013-08-19 23:04 | trans mt. running | Comments(0)

Trans Northern Alps Day 1 ②眺望の西鎌

三俣山荘まで足を延ばしたいと考えていたが、西鎌尾根のコースタイムが思っていたよりも長いので、無理せず双六までとした。
そうなると、のんびりし過ぎて、あちこちで大展望やお花畑に目を奪われ、遅々として行程が進まず、夕刻遅くに双六小屋に到着した。

b0321833_10294964.jpg

















More

by hoshigarasu7 | 2013-08-18 09:37 | trans mt. running | Comments(0)