那岐山 one day 後編 午後の稜線

b0321833_23242830.jpg

ピストンしてきた稜線を振り返る。
既に16時半。
太陽が西に傾いていた、午後遅い稜線。



















b0321833_23221668.jpg

山頂から東へ伸びる稜線。
遥か左奥に望める雪山は、氷ノ山のようだ。







b0321833_23222821.jpg
そして、那岐山山頂。







b0321833_23225393.jpg
滝山方面の縦走路に入ってすぐの、トレイル脇にある大岩の上。
岩があれば、ついつい登ってみたくなる。







b0321833_23230574.jpg

b0321833_23231620.jpg
気分爽快!
テンション、アゲアゲ♪








b0321833_23232681.jpg
広い雪田が気持ちいい。







b0321833_23233652.jpg
久しぶりに空が大きかった、午後の山稜。







b0321833_23234745.jpg

b0321833_23240138.jpg
滝山山頂の展望台。
ここでBDのグローブを落としたかも....
誰か拾ったら連絡ください。
黒です。







b0321833_23240868.jpg
滝山から那岐山方面の稜線を望む。






b0321833_23241448.jpg
那岐山山頂と滝山山頂で、再び一緒になった姫路のハイカーの方が、滝山山頂から一緒に折り返して、既に遥か後方の斜面に確認できた。







b0321833_23242208.jpg
滝山まで1.9km、那岐山まで1.4kmの所にある東屋で、ベンチに寝そべってちょっと一服。
行儀悪くて失礼。







b0321833_23243754.jpg
熊笹の大斜面から里を俯瞰する。







b0321833_23242830.jpg
那岐山まで戻ってきた。
ピストンしてきた稜線を振り返る。
既に16時半。
急いで下山にかかる。
太陽が西に傾いていた、午後遅い稜線。






b0321833_23244503.jpg
早春の林間。

この先で、二人組の軽装のハイカーとすれ違う。
今の時間でここ。そして山頂を目指すなら、日のあるうちに降りてこれるのだろうか?







b0321833_23245984.jpg
この何の変哲も無い画像の中に、可愛らしい動物が隠れています。
岩陰から可愛らしい顔が、こちらを興味深げに、ひょこひょこと顔を覗かせていた。







b0321833_23250935.jpg

下の途中にある大神岩、標高1000mちょうど。
やはり、岩の上に立ってみたくなる。

ここからは一気に下り、18時までに帰宅するため、脇目も振らず帰宅の途についた。
めでたしめでたし....


アドベンチャー色の濃い沢登りと、爽快な稜線ランニングの2部構成を堪能し尽くし、意外に面白すぎる1日を提供してくれた、春早い那岐山塊であった。





by hoshigarasu7 | 2015-04-04 00:56 | adventurous running | Comments(0)