Trans Northern Alps Day 1 ①炎天の槍沢

上高地から横尾までの道は今までに何度行き来したのか。
しかし今回は、あっという間に走り過ぎてしまった。












b0321833_08564169.jpg
新大阪駅、アルピコ交通 上高地行待合室。

ギリギリで、ドタキャン切符をゲット!

ラッキー!!






b0321833_08565880.jpg
直通上高地行き夜行バス、『さわやか信州号』。
20年ぶり?いや、もっとか?
北アに通い始めた頃は良く利用してました。
養老SAで休憩中。






b0321833_09020319.jpg
そして朝、上高地。
河童橋からの定番の風景。






b0321833_09021947.jpg
ここからスタート!






b0321833_09023348.jpg
小梨平を過ぎて、梓川沿いを行く。
朝の空気が清々しい。






b0321833_09025950.jpg
明神岳が高く聳え立つ。






b0321833_09105061.jpg
ここもいつも変わらぬ風景。






b0321833_09110625.jpg
屹立する明神前穂。






b0321833_13310760.jpg
美しい徳澤園のキャンプ場。








b0321833_09113959.jpg
氷壁の宿・徳沢園にて.






b0321833_09115041.jpg
横尾にて、ここから、涸沢・穂高方面と、槍方面に分岐する。
一路槍方面へ。






b0321833_09120818.jpg
一ノ俣沢の橋を渡る。






b0321833_13312052.jpg
槍沢の流れが清涼感を誘う。
槍沢ロッジも近い。






b0321833_13284512.jpg
しかし、槍沢ロッジを過ぎ、ババ平のテン場まで来るとダケカンバも疎らになり、川とも離れ、急激に暑くなってきた。






b0321833_16522703.jpg
大曲を越えた辺りで山登さんに遭遇。
しばらく話をして、お互いの山旅の成功を祈りつつ別れる







b0321833_16554810.jpg
天狗原分岐付近はもう暑さのピーク。







b0321833_16560407.jpg
風もなく、夏の日差しが射すように暑い槍沢だが、こういう雪渓がひと時の涼しさを与えてくれる。






b0321833_16582844.jpg
灼熱の槍沢を俯瞰する。
殺生ヒュッテ、ヒュッテ大槍が眼下に近い。
灼光の中、この最後の1ピッチがかなり辛いが、3000mの稜線に飛び出すと北西の風が涼しい、というよりも寒くなってきたので、レインジャケットを着る。






b0321833_16581451.jpg
そして、槍の肩。
頂上までの登山道は相変わらずの大渋滞なので登頂は割愛
もう、何度も登頂してるので。








by hoshigarasu7 | 2013-08-17 22:07 | trans mt. running | Comments(0)