日本海コーステアリング


b0321833_12425124.jpg

この夏最強のBlue




近景から水平線。水平線から成層圏へ。
エメラルドグリ-ンからウルトラマリンへと変化するグラデーション。
この夏最強の透明度の海と空がここにあった。

今年も、ここでの挑戦がある。





b0321833_12281703.jpg
居組サンビーチ。
ここ十数年間、ほぼ毎夏訪れていて、日帰りできる圏内ではあるが、年によってはオートキャンプで一泊の時もある。
兵庫県の日本海側最西端、鳥取県との境にあるこの海岸は、知る人ぞ知る結構な穴場的な海である。

写真の通り、小ぢんまりした湾に有る砂浜は、遠浅で、幾重もの防波堤で守られ、波のある日もここだけは静かで透明度も高く、ハイシーズンでも比較的混雑は無く、子供連れでも安心して海水浴を楽しめるビーチである。
b0321833_12282686.jpg
挑戦するは、居組サンビーチ(兵庫県)から磯を伝って東浜海岸(鳥取県)までのコース。
最初から最後まで、全て磯沿いをコンプリートすれば、5㎞以上のコースとなる。
居組をスタートし、岩場を登ったり下りたりしながら、2つの湾を越えて、時には断崖をウォーターソロでクライミングしたり、海に飛び込んで泳いで渡ったりしながら東浜海岸まで進んで行く、コーステアリングというかなりエクストリームなスポーツ(?)。
昨年のリベンジで再挑戦!
今年は鳥取県側までは到達することが出来たが、3km辺りから海が荒れてきたので山の中の獣道にルートを見出し、遊歩道につなげて、鳥取県側の東浜海岸の展望台に到達した。
そこからロード(漁火ライン)を走って居組まで帰った。
ちなみに2.5㎞付近で足首とおしりと肩の3か所ハチに刺されました(痛







b0321833_12430817.jpg
ビーチの東の外れの磯。
先ずはここからスタート。





b0321833_12425124.jpg
into the blue

東の磯ではシュノーケリングが楽しめる。






b0321833_12271771.jpg
3.5kmに渡る、悪い岩場のコーステアリングを終えて、鳥取県側の東浜海岸の展望台にたどり着いた。






b0321833_12273389.jpg
展望台からは、東浜海岸から羽尾海岸まで見渡せる。






b0321833_12274427.jpg
車道から展望台へ続く500mほどの遊歩道入口。
ここへ出て、やっと生きた心地がした(汗






b0321833_12275591.jpg
鳥取県と兵庫県の県境。
ここから漁火ラインを走って、居組に戻る。






b0321833_12280343.jpg
海へ向かっていく道。







b0321833_12282686.jpg
漁火ラインからの、居組サンビーチ俯瞰。







b0321833_12501276.jpg
居組海岸展望台にて。







b0321833_12281703.jpg

by hoshigarasu7 | 2013-08-04 12:51 | adventurous running | Comments(0)